道具への気持ち

脱社畜コンシェルジュのハヤトです。

みなさんは、物を大切にしていますか?

身の回りの物に対して、手入れをしていますか?

私は、物を大切にする人間で、一度使うとなかなか手放せません。

ですから、車もパソコンも、新型が出たからといって、

なかなか買い換えたりする気になれません。

自分の使うものには愛着があります。

使うたびに、ちゃんと仕事をしてくれて、

終わった後には、「ありがとう」と心の中で言っています。

もし、調子が悪くなったら整備や修理をしてあげると、

喜んでいるような気がするんですよね。

物には魂があるような気がして・・・

もちろん、使った後には、ちゃんと手入れをして、

ピカピカにしておきます。

パソコンを使い終わったら、ブラシで埃を払って、

キーボードを拭いてから閉じる。

机の上も、ブラシで埃を払って、

濡れ雑巾で拭いておく。

自分の指先となり、機能を果たしてくれた道具たちへ、

自分の仕事を完結してくれたことへの感謝の気持ち。

自分の仕事道具ですから、命の次に大切なものと言っても、

過言ではありません。

今までありがとう。

これからもよろしく。

この気持を忘れずに、

今の自分が、ここに存在する理由と意義を確かめつつ、

これからも、できる限りのことをしていこうと思います。

«  道具への気持ち  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。