幸せになれる朝活のススメ

みなさんは、「朝活」という言葉をご存知ですか?

「就活」

「婚活」

という言葉は、一般的に使われるようになりましたね。
朝活も、最近たまに耳にするようになりました。
意味は、文字通り、朝に活動することですね。

習い事や勉強、趣味、運動など

時間の使い方は人それぞれ。
実は、私も結構前から朝活しています。
忙しかったり、目標があったり、

疲れて朝はできるだけ寝ていたい。

そんな気持ち、よくわかります。
でも、トータルの睡眠時間が同じなら、

早寝早起きの生活を一度してみてください。
朝活すると良いこと

簡単に言うと、心身のバランスが良くなり、

体調も気分も良く、仕事もうまくいくようになります。

 

具体的には。

●目覚めが気持ち良い

これだけで、1日の気分も仕事効率も改善します。

夜、カーテンを開けて眠りにつけば、

朝は自然光で、ちょっと早起き。

それでも、自然に起きられます。

もう、あの不快なアラームに叩き起こされることはありません。

これから始まる仕事への気分も変わりますね。

 

●同じ睡眠時間でも、質の高い眠になる

 

●心に余裕ができます。

朝寝坊の生活をしていると、常にバタバタしていませんか?

早起きすれば、時間の余裕ができるので、心にも余裕ができます。

そうすれば、あせって遅刻や失敗することもなくなります。

 

●身の回りの整理で、心を磨く
例えば、朝ちょっと早く出勤して、机の清掃。

トイレ清掃や、ブラインドをブラシでひと撫で。

自分が使う道具、設備への思い入れはありますか?

私は、入社してから10年間。

毎日欠かさず、トイレ清掃をしていました。

誰かにやれと言われなくても、これは自分の役割。

終わって、出社してきた人に挨拶。

トイレを磨いて、心を磨く。

やる気って、言うことではなくて、

行動することだと思います。

でも、損得勘定抜きにして、

得られるものはとても多いです。

そんなあなたを見て、悪い評価をするひとはいないはずです。

 

●仕事がはかどる

残業していると、居ればいるほど仕事が増えませんか?

私はそうでした。

仕事が終わらないから残業。

残業していると、急ぎの案件を依頼され、期限は明日まで。

仕事を選ぶ、断るのはもってのほか。とは言え、きついです。
朝は、惰性で仕事をしている人がいないので、

そんな無茶な依頼をしてくる人がいません。

静かに思い思いの仕事をこなしているので、

とてもはかどります。

そして、始業までにひと仕事終わらせるぞ、

という目標でさらにスピードアップ。

残業時間帯よりも何倍も仕事が進む、

ゴールデンタイムです。

 

●節約

これは、朝は自然光で目覚め、夜は早く寝るので、

照明の電気代が節約できます。

人間の体は、朝目覚めて、夜寝るようにできています。

ここは、自然の摂理に従って、

わざわざ暗い時に電気を光々と点けるのはやめませんか?
いかがでしたでしょうか。

仕事の都合上、不規則な勤務体系の方もいらっしゃることでしょう

その生活に苦もなく順応できる方は、

それだけで、体力を含めて能力があり、

その仕事に必要とされている人なのだと思います。
そうでない、一般的な昼間に仕事をしている方たちは、

少しの心がけで、生活の質がぐんと良くなります。
騙されたと思って、試してみてください。

1月続けてみれば、良いかも、と思えるはずです。

«  幸せになれる朝活のススメ  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。