信じた道を進むということ

社畜を脱却して、自宅で仕事中のハヤトです。

ハヤトです。

ハヤトです・・・
昔、自虐ネタで一世を風靡した芸人さんがいたような。

ヒロシさん♪

先日、ラジオに出演されていて、ちょっと安心しました。

 

過激な一発ギャグよりも、自分をネタにして、

お客様に喜んで頂く。

そんな道化師のような姿に共感し、とても身近に感じます。

 

私も、ある意味で自虐ネタ。

健康を顧みずに長時間労働を続け、自己管理能力不足で病気に。

ピンチはチャンスだと、退職を決意して、方向転換しました。

 

「社畜」というテーマについて。

私は、会社の歯車というよりは、どちらかというモーターでした。

回りすぎて、寿命がきてしまったようです 笑

みなさんの中には、会社のネジでさえ嫌だという方もいらっしゃるでしょう。
これは、考え方ですから、良い悪いということはありません。

 

ただし、組織の中では、すべてのパーツが重要な責任があり、

その役割を果たすことが求められます。

 

向いていない、性に合わない。

そう思うことも間違いではないのです。

 

ただ、私は仕事にやりがいを感じてしましたし、好きでした。

でも、高速で回りすぎちゃったみたいです。

やはり、人間は体が資本。

寝ないとダメです 笑

 

会社に頼らない生活。

 

こんな私が新たな道を歩み、日々の勉強と成長しながら、

お客様にとってメリットのある情報を提供していきます。

 

もし、自分の人生を切り開いていきたいのなら、小さな行動をしてみてください。

ピンチはチャンス。

忙しすぎて、自分の人生について考えるきっかけがなかった方も、

毎日5分でも考えてみてください。

なりたい自分を想像すれば、必ず近づけます。

 

私も、日々成長しているのが実感できるし、体の調子も良くなりました。

サラリーマンで自動的に給料をいただけるシステムの中で生きることを捨て、

インターネットビジネスで、どうやってお金を稼いでいけば良いか?

そう悩んでいた当時の私に

「選択は間違っていなかったよ」

と、声をかけてあげたいくらいです。

«  信じた道を進むということ  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。